スポンサーリンク

【隻狼~SEKIRO~プレイ日記】隻腕の狼が逝く! 其の三 まぼろしお蝶撃破!

PS4
SEKIRO™: SHADOWS DIE TWICE_20190322163740

前回は仏さまに御子の鈴をお供えして3年前、竜泉詣での平田屋敷にタイムスリップしてきた。

賊が攻め込んできているが屋敷にはまだ九郎様が取り残されている。

そこらじゅうに敵兵がいるが塀や屋根の上ならバレずに移動できる。

道中、焚き火のなかに忍具「火吹き筒」があった。

この火吹き筒があれば赤鬼も楽に倒せるかもしれない。

しかし、まずは急いで九郎様を助けに行かないと。

一面の火の海 義父との再会

あたり一面火に包まれていた。

そして、そこには今は亡き義父が。

どうやら九郎様のいる屋敷へは忍びしか通れない裏道からまわっていけるらしい。

これは道じゃないとおもう

道なき道を駆け抜け(飛んで)屋敷へと向かう。

にしてもこんなとこ鉤縄もった忍びじゃないと絶対通れんわ…

急いで九郎様のもとへ!
スポンサーリンク

中ボス「うわばみの重蔵」!

デカい、強い、毒ヤバい

ついに屋敷に辿り着いた!

しかし、屋敷の前にはボス「うわばみの重蔵」が。

毒を吹きかけてくる上に一撃が重い。

いちおうボスエリアの入り口にいっしょに戦ってくれるNPCが立っている。

しかし、ボスの周りにいる雑魚を倒し終わったころにはやられてしまっていて、結局ボスとは一対一で戦うしかなくなっている。

それでも何度も試行錯誤を繰り返し…

もうひといき!しかしこっちもジリ貧に…
とどめ!

NPCのお侍に敵の注意を引いてもらっているあいだに雑魚を殲滅し、その後は大振りな攻撃の隙をついてちまちま削りきった。

最初は勝てる気がしなかったが、パターンを覚えてどうにか勝つことができた。

連戦!最強おババ「まぼろしお蝶」!

こんなところに隠し部屋が!

うわばみ重蔵を忍殺し、今度こそ屋敷内へ。

どうやら九郎様は地下の隠し仏殿にいるらしい。

しかし幻術の類いを使う何者かがいるようだ。

もうちょっとなのに…

隠し仏殿にも火の手が
九郎様!しかし様子がおかしい?

隠し仏殿の扉の先には九郎様が!

しかしなにやら様子がおかしい。

どうやら幻を見ているようだ。

そしてその後ろには…

最強おババ!

そこにはなにやら強そうなおババが!

竜泉川端平田屋敷の大ボス「まぼろしお蝶」との戦いが始まった。

「まぼろしお蝶」は、くないを使った素早い連撃と、くないを投げる遠距離からの攻撃で攻めてくる。

動き素早くなかなかこちらからダメージを与える余裕がない。

結局…

おババつおい…

それでも何度も死につつ試行錯誤していると、ひとつの攻略方法を見つけた。

本来ならばある程度体力を削らなければ体幹ゲージはすぐに回復してしまう。

しかし、剣戟を続けていれば、その間は体幹ゲージは回復しない。

そこで、とにかく距離を詰めて、休むひまを作らせない。

さらに、おババが空中に逃げたら素早く手裏剣を投げることで、うまくいけば撃ち落とすこともできた。

その結果、前半戦はどうにか倒しきれた。

しかし、ここからが本番戦。

「まぼろしお蝶」の名前の通り、まぼろしの兵士を呼び出し攻撃してきた。

このまぼろしの敵兵は一撃で倒せるが、数が多く攻撃もしてくる。

さらに、おババも光る蝶を飛ばして攻撃してきた。

これは、ガード不可でさらにこちらを追尾してくる。

結局、後半戦一回目は死んでしまった。

しかし、1ゲージ目を削りきったあとは大仏の正面で復活したことに気がついた。

そこで、ゲージ一本目を削り切ったあと、急いで奥の大仏前で出待ちし、でてきた瞬間に、幻術を使うまえにこちらから速攻をかけてみた。

ひたすら殴りつづけ、途中まぼろしを呼び出されつつも無視して殴りつづけ…

忍殺!

忍殺!

どうにか倒しきることができた。

前半戦では何度も死んでしまったが、後半は動きに慣れていたこともあり、意外とあっさり倒すことができた。

過去編クリア!

おババこと「まぼろしお蝶」を撃破し、ひと息つこうと思ったら…

ウッ!!

背後から刀で貫かれてしまった!

しかし、一体だれにやられたのか。

そのまま崩れる屋敷の下敷きに。

もうだめか、と半ば諦めかけていたら、九郎様が助けに!

おそらく、このとき九郎様との竜胤の契り、つまり不死の契約を結んでいたようだ。

そして気がつくと…

現在に戻ってきていた。

どうやら狼は自分の過去を追体験していたようだ。

過去でおババを倒したことで「戦いの記憶」というアイテムを手に入れていた。

これを鬼仏で使用することで「攻め力」、つまり攻撃の威力が上がる。

また、「桜雫」とやらも手に入れていた。

これは竜胤の契約に関わるもののようだ。

しかし、これを使うには竜胤の御子、九郎様の力が必要なようだ。

これで過去に起こったことを思い出すこともできた。

今度こそ葦名城へ向かい九郎様を救い出さねば!

あとがき

SEKIROがあまりに楽しすぎて、なかなかプレイがやめられません(笑)

ほんとはもっと進んでるのですが…

しかし、正直ストーリーが分かりづらい。

まぁ、ブラッドボーンをプレイしたときは分かりづらいどころかほとんど理解できなかったので、まだSEKIROの方がストーリーも理解できて面白いです。

まぼろしお蝶戦も、その前のうわばみ重蔵も最初はまったく倒せるようには思えませんでしたが、なんども繰り返し試行錯誤しているうちにコツをつかんで勝つことができました。

とくにまぼろしお蝶の超高速な攻防が難しくもあり、とても楽しかったです。

コメント