スポンサーリンク

【令和】新元号発表!ところで元号の由来ってなに?

その他

新しい元号がついに発表されました。

新元号は「令和」です。

この「令和」の由来は万葉集にある歌の序文、

「初春(しょしゅん)の月(れいげつ)にして、気淑(きよ)く風(やわら)ぎ、梅は鏡前(きょうぜん)の粉を披(ひら)き、蘭は珮後(はいご)の香(こう)を薫(かお)らす」

から二文字とっているそうです。

そういえば今まで元号の由来を気にしたことはありませんでした。

ということで「明治」~「平成」までの由来を調べてみました。

スポンサーリンク

「明治」の由来は五経の一つ「易経」から

まず、五経(ごけい・ごきょう)、または六経(りっけい・りくけい)とは、儒教で基本経典とされる5または6種類の経書の総称で、孔子以前からあった書物です。

「詩」、「書」、「礼」、「楽」、「易」、「春秋」の六経から「楽」が失われ、五経となります。

そして、この五経のなかの「易」という語には、「変化」という意味があり、「易経」には過去・現在・未来など、なにかしらの「変化」との関連があります。

そして、この「易経」には

「聖人南面して天下を聴き、に嚮ひてむ」

つまり、「聖人が北極星のように顔を南に向けてとどまることを知れば、天下は明るい方向に向かって治まる」

という言葉があります。

ここからとって「明治」となりました。

「大正」も同じく「易経」から

大正も明治と同じ「易経」から

いに亨(とほ)りて以てしきは、天の道なり」

つまり、「天(天皇)の徳が行き渡り、政が正しく行われる」という言葉からきています。

「昭和」は「五経」の一つ「書経」より

もともと「書経」における「書」という語には「書かれたもの」「記録」という意味があります。

その「書経」のなかに

「百姓(ひゃくせい)明にして、萬邦(ばんぽう)を協す」

つまり、「人民がそれぞれ自分の明徳を明らかにし、それにより天下の国々の仲を良くさせる」という言葉があります。

そこからとって「昭和」となりました。

「平成」は「史記」と「書経」より

「平成」は史記と書経それぞれからとった言葉です。

まず、史記の「内かに外る」

そして、書経の「地かに天る」

これを併せて「内外、天地ともに平和になる」という意味になります。

最後に

平成も残り一か月で終わってしまいますね。

なにやらツイッター上では3年前に新元号を言い当てていた方がいたようで、驚きです。

ほんとに未来人だったり…

筆者

趣味のゲームやガジェットなどについてのんびり投稿してます。
最近のマイブームはドリームキャストのサクラ大戦シリーズ

さぼてんをフォローする
その他
スポンサーリンク
シェアする
さぼてんをフォローする
さぼてんティータイム

コメント