スポンサーリンク

【隻狼~SEKIRO~プレイ日記】隻腕の狼が逝く! 其の七 決戦!葦名弦一郎!

SEKIRO:SHADOWS DIE TWICE(隻狼)
SEKIRO™: SHADOWS DIE TWICE_20190324205804
スポンサーリンク

いざ葦名城本丸へ

さて、ついに葦名城本丸を攻めるとき!

前回はあまり関係ない場所で戦っていたが、おかげでだいぶ強くなった。

失礼しま~す
忍殺!

城内にはたくさんの武士が。

なにげに正面から戦うと一対一でもやっかいな相手だ。

できるだけばれないよう忍殺を決めていく。

不意打ち御免!

敵を倒しながら城内を探索していると、天井裏にあがれることに気がついた。

あまり複数に囲まれるとやっかいなので天井裏から進むことに。

コソコソ

天井裏には敵がいないので安全。

敵発見!

天井裏から忍殺!

敵に囲まれそうになったらすばやく天井裏に逃げれば簡単に逃げ切れる。

卑怯?いやいや、忍者だもん。

居合の達人!「葦名流 佐瀬甚助」!

進んでいくと、いかにもな引き戸に辿り着いた。

覚悟を決めて開けてみる。

「葦名流 佐瀬甚助」が待ち構えていた!

いかにも達人っぽいオーラが漂ってる気がする。

そして、いきなり素早い居合切りで攻めてきた!

あわてて弾きを決めてどうにか初撃はしのぐことができた。

一撃が重く、ひたすら居合で攻めてくるが、きっちり弾きを決めていけば体幹ゲージがどんどん溜まっていくようだ。

一度は油断してやられてしまったが、2度目の挑戦で…

忍殺!
追い忍殺!

そんなに強い相手ではなかったかな。

居合がめちゃくちゃ速いけど、逆に速すぎて弾きをミスしないという謎。

倒すと、部屋の奥にかかっている掛け軸から「雷返し」という秘技を覚えた。

どうやら雷をくらった時に、敵に返せるらしい。

因縁の戦い!「葦名弦一郎」!

佐瀬甚助を倒し、屋根にのぼるとそこには「弦一郎」の姿が!

エマ殿が弦一郎といっしょに!?

どうやらエマ殿は弦一郎の祖父「葦名一心」の看病をしているらしい。

一心は重い病に侵されているようだ。

弦一郎は九郎様と契約を結び、竜胤の力で不死になりたいようだ。

しかし、九郎様は狼が助けにくると信じてそれを拒み続けている。

そこに颯爽と現れたのは…

華麗に参上!

弦一郎!九郎様は返してもらおう!

かっこよく参上する狼。

弦一郎もやる気まんまんのご様子。

因縁の戦いが幕を開ける!

めちゃくちゃ強い!

様々な攻撃をまんべんなく繰り出してくる。

今までの集大成のようなボスだ。

一本目!

動きのパターンを覚えるまでが非常に大変で、ゲージ一本目を削るまでに何回もやられてしまった。

そして、一本目を削ってもまだ半分という恐怖…

辛いわ~

それでも何回も繰り返しているうちにほとんどの動きを覚えることができた。

パターン入ればこっちのもの。

何十回目かの挑戦の末…

倒した!

ついに倒しきることができた!

いや~めちゃくちゃ強かった~。

まぁこれで九郎様も助けてハッピーエンドかな~。

と思ったら…

痺れるほどセクシー「巴流 葦名弦一郎」!

脱いだ~!?

なんと、狼の目の前で唐突に服を脱ぎだす葦名弦一郎!

いやんセクシー!

そして雷を纏ってふたたび襲いかかってきた!

まじかよまだやんのかよ!

10万ボルト!

巴の雷を操る「巴流 葦名弦一郎」!

鎧を脱ぎ、防御を捨てた代わりに、今までより遥かにスピードアップしている。

しかも広範囲に強力な雷を落としてくる。

しかし、ここでさっき覚えた「雷返し」を見せつける時だ!

いざ、空中に飛び上がるも…

な~む~

いや~雷返しむずいわ。

だが前半戦はさすがにもう苦労することはない。

もう一度「上裸 葦名弦一郎」までたどり着き、動きを見ながら雷を放ってくるのを待つ。

そして、何度か練習を繰り返すうちに、雷返しをうまく決めることができるようになった。

なるほど、雷が当たるタイミングで空中にいれば、あとは自分が着地するタイミングを見計らって「R1」を押すことで雷を弦一郎に打ち返すことができた。

雷返しが決まれば大ダメージを入れることもでき、そのまま攻めつづけ…

忍殺!

ついに葦名弦一郎を倒すことができた!

さぁこんどこそ竜胤の力は諦めろ!

あれれ?

ん?

まじかよ
人間やめる宣言

雷つかってた時点で人間やめてたきするけど…

なにやら怪しげな水を飲んで不死になっていたらしい。

てかもう死なないなら竜胤の力いらなくない?

そして弦一郎は裸のまま逃げていった。

服ぐらい着てけ

あとがき

葦名弦一郎めちゃくちゃ強かったです。

しかもまさかゲージ2本削ってもまだ戦わないといけないっていう。

ただ、後半戦の雷返しのやり方が正直分かりづらかったですね。いちおう後半戦始まってすぐ説明でてくるのですが、いきなりで説明をちゃんと読む余裕がなくて…

しかも雷返しは練習もできないので一発本番で、やり方をちゃんと理解するまでが大変でした。

コメント