スポンサーリンク

【ゲーム日記】PS Plus 今月のフリープレイ 「フィンチ家の奇妙な屋敷でおきたこと」

PS4
フィンチ家の奇妙な屋敷でおきたこと_20190405174907

今回は、PS Plus4月のフリープレイ「フィンチ家の奇妙な屋敷でおきたこと」をプレイしてみました。

このゲームは、フィンチ家の血を引く「エディス」としてフィンチ家の奇妙な屋敷を探索し、一族の謎めいた死を体験していくアドベンチャーゲームです。

スポンサーリンク

エディス・フィンチのノートを開き奇妙な屋敷へ

エディス・フィンチと書かれたノート

ゲームの最初はエディス・フィンチのノートを開くところから始まる。

どうやらこのノートにはエディスの体験した不可思議な出来事について書かれているようだ。

ノートを読み始めると…

フィンチ家の屋敷に帰ってきた「エディス」の視点になっていた。

どうやらエディスはこの屋敷から長いこと離れていたようだ。

画面上に字幕が浮き上がってくる

先へ進んだり、なにかを調べるたびにエディスのセリフ(ノートに書かれた文章)が流れるのだが、その字幕が画面上に浮き上がってくる。

亡くなった母親がどこかの鍵を残していた。

すごい形の屋敷!

森をぬけ、屋敷に辿り着いた。

なんか上に今にも倒れそうな小屋がくっついてる!

とりあえずさっきの鍵で玄関を開けようとしてみるが…

残念!

残念ながら玄関の鍵ではなかった。

あきらめて裏口にまわり、犬用の通用口から屋敷内に入った。

カレンダーは2010年1月

屋敷の中へ

屋敷内に入るとそこはキッチンだった。

どうやらエディス達がこの屋敷をでていったときのままらしい。

冷蔵庫には家族写真が

冷蔵庫に貼ってある家族写真には4人の写真が。

ここで気が付いたがオプションボタンを押すことでフィンチ家の家系図をみることができた。

この家系図をみると、すでにエディス以外は死んでしまっていることが分かる。

いったいなにがあったのだろうか。

モリーの部屋へ

2階にあがると「モリー」と書かれた部屋があった。

しかし、ドアは昔から塞がれていたらしい。

ドアには覗き窓と、その下にモリーの没年が書かれていた。

10歳で亡くなっているようだ

モリーの部屋には入れなかったので、反対側にあるウォルター大叔父さんの部屋に入ってみる。

まるで海の底にでもいるような部屋
電車の絵と本が

ウォルターの部屋にはなにもなかったが、壁に描かれた電車の絵の窓に本が立てかけてあった。

本には鍵がかかっていたが、もっていた鍵であけることができた。

そして、本の中はくりぬかれており、なんとそこには窓の取っ手が!

窓を開けてみると…

なんとそこには隠し通路が!

また、壁にはミルトンが描いた猫の絵が描かれている。

通路を抜けるとモリーの部屋に繋がっていた。

部屋のなかはモリーが亡くなったときのままにしてあるらしい。

部屋の中にはモリーの遺影と一冊のノートが。

ノートにはモリーがいなくなった日の日記が綴られていた。

モリーに起きた出来事を体験

おなかペコペコ

ここからはモリーの日記をモリー視点で体験することになる。

どうやらモリーは夕食抜きでお腹がペコペコらしい。

歯磨き粉を一気飲み!?

部屋の中の食べ物(ネズミの餌、飾りの木の実、歯磨き粉)を食べるがそれでも空腹は収まらない。

すると、窓の外から鳥の声が聞こえてきた。

モリーは窓を開け、次の瞬間…

ニャ~ン!

なんと猫の姿になっていた。

そのまま鳥を追いかけ、

一気にたいらげた

鳥を食べてしまった!

しかしモリーの空腹はまだおさまらない。

そしてモリーは…

ふくろうになってうさぎを食べ…

サメになってアシカを食べ…

ヘビになって…

それでもまだまだ空腹がおさまらないモリーは水辺からパイプを抜け、家の中へ…

見覚えのある部屋の中に…
気が付くともとの自分に

そして、気がつくとモリーは元の自分に戻っていた。

だが、ベッドの下にはお腹を空かせた…

再びエディス視点に

モリーの日記を読み終わり、再び視点がエディスに戻ってくる。

そして、モリーの日記を頼りに窓から外にでて、他の部屋も探索していく。

最後に

ここまではまだまだ序盤ですが、この先も死んでしまったフィンチ家の屋敷を探索し、そこに住んでいた家族の命日を体験していきます。

このゲームの面白いところは、それぞれの命日をそれぞれが見ていた世界から体験できるところです。

それぞれ、全然違う雰囲気で体験することができます。

ゲームクリアまでは3時間ほどしかかからず、まるで映画でも観ているような気分で一気に最後までクリアしてしまいました。

また、この「フィンチ家の奇妙な屋敷でおきたこと」の開発は、「The Unfinished Swan」を制作した「Giant Sparrow」で、「The Unfinished Swan」をプレイしたことがある人には「あれ?」と思うシーンもあります。

ぜひこの機会にプレイしてみて欲しいゲームです!

筆者

趣味のゲームやガジェットなどについてのんびり投稿してます。
最近のマイブームはドリームキャストのサクラ大戦シリーズ

さぼてんをフォローする
PS4 ゲーム
スポンサーリンク
シェアする
さぼてんをフォローする
さぼてんティータイム

コメント