スポンサーリンク

【隻狼~SEKIRO~プレイ日記】隻腕の狼が逝く! 其の十六 源の宮へ!

SEKIRO:SHADOWS DIE TWICE(隻狼)
SEKIRO™: SHADOWS DIE TWICE_20190330042200
スポンサーリンク

いざ!「源の宮」へ!

源の香気を身にまとい、水生村に戻ってきた隻狼。

神輿のなかで待っていると…

ん?

んん?

んんん?

なんじゃこりゃー!!

でっかい藁人形みたいなものに神輿ごとドナドナされてしまう隻狼。

にしても大きいなぁ…

藁人形の手?からどうにか這い出してくる隻狼。

よく無事だったな…

とにかく、これで源の宮に辿り着くことができた。

源の宮の守護者「破戒僧(本体)」

ついに源の宮にたどり着いた。

いや~紅葉と橋の赤がいいかんじに合ってて綺麗な場所だなぁ…

ん?

景色に見惚れていたら空から破戒僧が降ってきた!

もしかして水生村で出てきた幻影の本体なのだろうか?

あの時は体力ゲージ1本だったが、今回は3本もある。

だが、とりあえず1ゲージ目は幻影のときよりも攻撃がひかえめで、回転攻撃はしてこないようだ。

まぁそれでも一回死ななきゃ気が済まない隻狼であった。

ノーミスでいけたらかっこよかったのになぁ。

だが、一度勝っているので一回目の忍殺は早かった。

2ゲージ目は幻術によって幻影を複数出して攻撃してくる。

この橋の周りにある木は鉤縄を引っ掛けるポイントがあるため、空中を飛び回って幻影が消えるまで逃げ続けるのだが、幻影の攻撃範囲が広く避けきれないことも多かった。

だが…

幻影から逃げて木に登っていたら上空から落下忍殺することができた。

なるほど、この手があったか。

3ゲージ目になると首から蟲がでてきて攻撃が激しくなる。

水生村のときの回転攻撃を使ってくるほか、蟲を撒き散らして攻撃してくる。

この蟲に当たると怖気状態になるため少し注意が必要だ。

攻撃が激しくなるので、弾くタイミングをミスするとこちらの体幹ゲージがどんどん溜まっていってしまう。

そして、慌てて逃げようとしたら…

あぁぁぁーー….

橋から落っこちて死ぬとかかっこ悪い…

体力が減った状態で落っこちると回生なしで即死だもんなぁ。

それでもなんやかんやありつつも…

不死斬り!

強かったけどやっぱり破戒僧戦楽しい。

ついにきた!「源の宮」

桜と御屋敷がいいかんじに合ってて綺麗な場所だ。

これが世に言うインスタ映えというものでござろうか。

あの奥に見える山が目的地だろうか。

源の宮の貴族はナメクジっぽい不気味な見た目をしている。

しかも、こちらに気づくと遠くからでも生気を吸おうとしてくるのですばやく倒す必要がある。

まぁ幸いなことに体力はとても低く防御もないので一体ずつなら楽勝だ。

また、屋根の上には鎧を着た兵士もいる。

こちらは弓と刀を使い、さらに奥義「浮舟渡り」を使ってくる。

生気を吸ってくることはないが少し厄介な相手だ。

ここに住む宮の貴族たちが「淤加美(おかみ)の民」と呼ばれる一族らしい。

ここには少しナメクジっぽいがワンちゃんも住んでいる。

だが、舐めてかかると電撃を飛ばして攻撃してくる。

強い…

さらに、きれいな湖があるので飛び込んでみたらどこからともなく雷が落ちてくる。

源の宮、怖い

この老婆は宮の貴族に使えているらしい。

老婆曰く、宮の貴族は若者の生気を「吸いたくて、吸いたくて、仕方がない」らしい。

なにそれヤバい…

もう腰がたたんわい

なお吸われすぎるとお爺さんになってしまう。

ヨボヨボで、体幹ゲージはマックス、体力はめちゃくちゃ少なくなり、さらに回生やアイテムまで封じられてしまう。

年寄りには優しくせんかい

御屋敷の中は見通しがよくそこらじゅうから生気を吸ってくるため、下手に正面突破を試みようものならすぐに老化してやられてしまう。

だから年寄りには優しくしろと何度言えば(ry

顔面骸骨「宮の桜牛」

ヨボヨボになりつつもどうにか御屋敷を抜けたが、御屋敷の外周がなにやら怪しい。

探索してみると…

猛ダッシュ

ヤバいのがいた。

「宮の桜牛」をいうらしい。

たしかに角が桜のようで綺麗だ。

だが!

追突注意

基本的な攻撃は葦名城で戦った火牛と同じなのだが…

そもそも火牛が苦手だったのよ。

やはり、動物相手には爆竹がよく効く。

爆竹を使いつつうまく立ち回るのがよさそうだ。

また、一度死んでから気づいたのだが御屋敷の屋根に登ることができ、上から忍殺することができる。

残念ながら一撃で倒せるわけではないが、体力を4分の1ほど削ることができた。

また、桜牛は怨霊の類なので神ふぶきによるエンチャントでダメージが増加する。

戦っている最中はなかなか使う余裕がないので、神ふぶきを使ってから忍殺すると戦いやすかった。

忍殺!

結局、ひたすら桜牛の尻を追いかけつつ時々爆竹を使ってどうにか倒すことができた。

まぁ火牛のときより戦闘エリアが広かったので、わりと戦いやすかったかな。

コメント