スポンサーリンク

【隻狼~SEKIRO~プレイ日記】隻腕の狼が逝く! 其の十七 オーバーヘッドキック!「淤迦美の長 静」

SEKIRO:SHADOWS DIE TWICE(隻狼)
SEKIRO™: SHADOWS DIE TWICE_20190402020402
スポンサーリンク

引き続き「源の宮」を探索!

前回に引き続き源の宮を探索していく。

それにしても源の宮のロケーションは最高に綺麗でついついスクリーンショットを撮ってしまいたくなる。

そういえば寄鷹筒(望遠鏡)もってるけど全然使ってなかったな。

どれどれ…

やっぱりあの大きなしだれ桜はほんとに綺麗だなぁ。

ん?

よく見ると桜の木の右端に誰かいるような…

やっぱり誰かいる!

あそこを目指してみるか。

淤迦美の民っていかにも貴族というような風流さがある。

あの舞台みたいなとこでは蹴鞠してるな。

なにやらこちらからは開かない扉があった。

この先に進まないといけないのだろうが、おそらくどこか別のルートがあるのだろう。

しかしいい場所だ。

淤迦美の長 「キャプテン静」!

雑魚は多すぎるので無視して駆け抜けていく。

そもそも雑魚といいつつ普通に強くて相手してたら死にかねん…

そして、さっきの大きなしだれ桜にいくと…

「淤迦美の長 静」が待ち構えていた。

静の攻撃方法はなんと、

宙高く舞い上がり…

オーバーヘッドキックだぁぁ!

静はキャプテン翼顔負けのオーバーヘッドキックで攻撃してくる。

そのまま蹴鞠をオーバーヘッドキックするパターンと、雷をまとったオーバーヘッドキックをするパターンの2種類がある。

普通の蹴鞠でもなにげにけっこう痛い。

でもまぁゲージ1本しかないし。

雷は雷返しで逆に大ダメージ与えられるし。

忍殺!

めちゃくちゃ弱かった。

間違いなく「淤迦美の長 静」の敗因は雷を使ったことだと思う。

しかも体力も少ないし。

ついでにオーバーヘッドキックする時にジャンプするので空中忍殺すれば一撃で倒せるらしい。

いろいろ残念なボスだなぁ。

超怖い!「ぬしの色鯉」

源の宮の湖を泳ぐと雷が落ちてきていたが、じつは「淤迦美の長 静」が桜の木から攻撃していたようだ。

なので、これで水中を探索できるようになった。

湖に沈んだ屋敷の屋根の上におばあさんがいた。

このひとどうやってここまで泳いできたんだろ?

話を聞いてみると、宮の内裏に行くには湖に潜り、ぬしのねぐらを通って行かなければならないらしい。

おそらくさっきの開かなかった扉の奥が内裏なのだろう。

湖に潜り、水中を探索していると洞窟を発見した。

ここがぬしのねぐらだろうか。

奥に進んでみると…

そこには巨大な鯉が!

気づかれないようにこっそり泳いでいくが…

ひゃ~めちゃくちゃ怖い~!

食われた…

ほんとに怖い…

水中って怖いよね。

マリオの水中ステージも苦手なのに…

再チャレンジ。

よく見たら隠れられる場所があったので、こんどはそこに隠れながら進んでいく。

あと少しのところで見つかってしまったが、回生を使ってどうにか抜けることができた。

そしてさらに進むと…

無事に陸にあがることができた。

それにしてもここも綺麗な場所だなぁ。

さらに進むと開かなかった扉の反対側にたどり着き、ショートカットを開けることができた。

内裏さきにも進めるようになった。

仙郷までもうひと息だ!

コメント